有限会社ホームネットHD代表取締役 濱中康大のたのしい事、うれいし事、美味しい事、悔しかった事・・・

自家製手打ちうどん、ほぼ完成

CIMG0811.jpg

やっと、納得のいくレベルで打てました。
もちろん素人レベルではですよ。

やはり最後は、三鷹の大繁盛手打ちうどん屋さん「とらたま」の店主、岡村良太さんに直接聞いて作りました。

岡村良太さん秘伝のレシピな為、全部は言えませんが割合だけ。

粉100、水45、塩7の割合でぴったりでした。

いやあ、岡村良太さんのアドバイスにはビックリでした。大切だと思ってたことが大した事ではなく、大した事ではないと思ってたことが重要で!

やっぱり、特化して極めているプロは違いますね。

恐れ入りました。

皆さん、とらたまさんに行って食べてみてください。美味しい「つけうどん」が美味しいお店です。

http://www.goodfat.jp/

飲食店ホームページ制作のフードページ


手打ちうどん

先日久々に「手打ちうどん」に挑戦しました。
と言うのも、失敗した際に私が不機嫌になって、食卓が暗くなるという理由で「禁止令」が出ておりましたので。
でもって、ちょっとホトボリが冷めてきたので再挑戦です。

ほう、2008/01/17 手打ちうどん以来なんだなあ。

しかしなかなか上手くいきませんなあ。

今回は、中力粉と薄力粉、2種類の粉で作ってみました。

CIMG0786.jpg

CIMG0789.jpg
手前中力粉、奥薄力粉。

CIMG0791.jpg
生醤油
CIMG0793.jpg
冷やしぶっ掛けと娘
CIMG0794.jpg
カレーうどん
CIMG0795.jpg
うどんカルボナーラ

コシ、のどゴシ、今一つですがまあ、由としよう。

一番人気はやはり冷やしでした。

飲食店ホームページ制作のフードページ


手打ち冷麺

20090516183830

20090516183820
今日は、家族で家焼肉。
ということで、手打ち冷麺に挑戦しました。

初挑戦にしては、まあまあ。
いい感じに半透明になりました。
次回は麺に梅肉を混ぜてみよう。
(太さがバラバラなのは許してもらおう)

味は?

そういえば、いつも焼肉に行った時に冷麺て惰性で食べてるみたいなところがありまして、味が今ひとつイメージ出来ないというのが本音です。
今度しっかり味を覚えて来ようと思います。
冷麺の美味しいお店教えてください。

今日の麺はボチボチでした。

飲食店ホームページ制作のフードページ


三軒茶屋 「三汁伍番」

20080528222407

三軒茶屋 「三汁伍番」さん。

美味しい鍋料理のお店です。1人前から注文できるので二人で、薩摩軍鶏鍋と牛もつ鍋をいただきました。さすがにお腹いっぱいになってしまってお酒が飲めなくなってしまいました。

軍鶏はしゃぶしゃぶ感覚でレアでいただきました。スープもコクもありますがさっぱりで丁度いい塩加減でした。

もつ鍋も、もつにちょっとした工夫があってより食べやすくなっていました。

その他、出汁巻き玉子も注文が入ってから巻いてくれるので出来立てのホクホク感がたまりません。

近所なのではまりそうです。

ご馳走様でした。

飲食店ホームページ制作のフードページ


安全食堂

20080417165107
ちょっと遅い昼食は、志摩シーサイドカントリーの近くの安全食堂のラーメンとチャーハン。

初、本場の博多ラーメンです。

うまい。

またまた、チャーハンが、うま~い。なんか懐かしくて、うれしい。

20080417163308

飲食店ホームページ制作のフードページ


忘れられず、またまたお好み焼き 中目黒「八じゅう」

日曜日の尾道のお好み焼きが頭から離れず、「尾道焼き」というメニューがある、中目黒の「八じゅう」さんへ、友達のあぐりグッドムーンの五十嵐”ラッシー”明と。

20080416012059.jpg
まずは、尾道焼き。うまいうまい!

20080416014153.jpg
記憶の中では、生涯3回目のもんじゃ。こんなおいしかったっけ?

20080416014211.jpg
画像が悪いですが、福島出身のくせになぜか、もんじゃに詳しい、ラッシーことあぐりグッドムーン店長五十嵐明!
ちなみに、五十嵐さんは元、日本ハムのピッチャーです。地元福島ではちょっとした英雄らしいです。野球はすごいけど、ゴルフは下手です(笑)

飲食店ホームページ制作のフードページ


第2次もつ鍋ブーム

今、東京はまさに第2次もつ鍋ブームです。

美味しいモツ鍋屋さんが続々と登場して話題をを呼んでいます。
連日、大繁盛で予約がとれないどころか予約の電話が繋がらないお店もあります。

第1次もつ鍋ブームは、今からやく15年くらい前の1993年あたりだったと思います。何処の繁華街でももつ鍋屋さんを見ない街はありませんでした。

そして、第1次と第2次の違いはというと、(私の意見ですが)値段とモツ自体(肉)の質の良さではないでしょうか?

第1次の時は、安さを売りにしたお店が多かったです。「一人前¥680」とかのバナーを良く見かけました。味もそこそこで正直「こんなもんだろうな」というお店が多かったのも確か。

しかし、第2次の現在はどちらの繁盛店も決して安くはないです。二人で行っても¥10000前後は当たり前ではないでしょうか?
そして、お肉は肉厚でとろとろで本当に美味しいです。味噌味や、塩、とんこつ、チーズとバリエーションも豊富で楽しませてくれます。
そして、もう一つ忘れてはいけないのは、インターネット戦略で成功しているお店も結構多いのは確かです。
1993年当時はインターネットは一般的には皆無でしたからね。

内容が優れているので、ブームはある程度の期間で終わるとは思いますが、ここで繁盛店になれたお店はその後も定着していくのではないでしょうか?

因みにこちらのサイトは、もつ鍋屋さんのレビューを書いた個人のサイトですがとっても良く出来ています。
モツ鍋屋さん探しには、便利ですよ。
東京もつ鍋天国

飲食店ホームページ制作のフードページ